写真家の小山志麻さんの展覧会が、
曙橋・四ツ谷のアンサンクではじまっています。

上の写真は、志麻さんが撮った展示会場アンサンクさんのアイスコーヒー。
おいしそう!  カラン。(←氷のおと)


yutaka 展  @アンサンク  uncinq
7/29(火)〜8/31(日)(最終日15:00まで)
    (夏季休業日8月17日(日)〜20日(水))
   定休日 月曜・第3日曜日
   営業時間 火〜金 11:30~20:00(L.O 19:30)
            土日祝 11:00~18:00(L.O 17:30)


詳しい展示情報はこちら↓
http://rpt.heiwatte.com/?eid=9

展示についての志麻さんの言葉です

  ラオスの写真たち。
  こどもたちのキラキラした瞳と壮大な景色に国の豊かさを感じました。
  「平和は自身の内側にある」と教えてもらったことがあります。
  それをラオスからの帰り道、ゆっくり思い出しました。


なんと、いいあてた言葉でしょう。
「平和は自身の内側にある」
志麻さんの写真に出会わなければ、
志麻さんの出会ったこの言葉にも、
私は出会えませんでした。

美しい一瞬の光、美しい一瞬の言葉に、
出会えること。
きちんと受け取ること。
一瞬への誠実さ。
志麻さんの写真から、伝わってきます。

カメラのレンズが、撮るものと撮られるものとの間の
クールなガラスの壁となっているのではなく、
一人の人の世界と、一人の人の世界が、出会って、
手をつないだり、ほっぺたをくっつけるように触れ合って、
溶け合って、透き通って、光る場所。
朝と夜が抱き合う場所に、露がおりるような、、、
志麻さんのカメラのレンズに、私はこのような印象を抱きます。

ラオスの子どもたちや、お母さんと、
同じ道、同じ土の上にたって、
一緒に風を感じながら、
雨が上がるのを待っている。
そんな感覚に…。

志麻さんのレンズを通して、
私も、世界に出会えます。
一人一人の「内なる平和に…」

今回の展示では、カウンターの壁に大きな写真数点と、
写真立てに収められたたくさんの写真が展示してあります。
大切な家族や友人のスナップを飾るように、
ラオスの子どもたちや森の写真が美しい写真立てに収められています。

展示をするまえ、
「お店の壁に穴をあけられないので、
ちょっと、展示の仕方を考えなくてはなりません」
と、連絡をいただいていましたが、
その打開策が、かえって、
よくあるような写真展の展示の仕方よりも、
深みと楽しさと温かみのある展示になっています。
ほんと素敵で、私は、志麻ちゃんのファンになりました。

志麻さんの、古い(?)ファンで友人の「私の隠れ家」の店主が、
写真店についてブログに書いていらっしゃるので、
ぜひ、あわせて、ご覧くださいませませ。

http://d.hatena.ne.jp/mirefugio/20140806/1407344801

http://d.hatena.ne.jp/mirefugio/20140814/1408022466

   〜アンサンクからひとこと
  ネルドリップの珈琲と北欧紅茶の香りにつつまれて…。
  ご鑑賞くださいませ。








Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM